赤い病院の惨劇

長編本格推理

祥伝社文庫

川田弥一郎

1998年6月30日

祥伝社

764円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

東京近郊の総合病院中庭で、准看護婦の堀川映子が死体で発見された。近辺では当時「ナースの敵」と呼ばれる猥褻犯が出没していたが、死体に暴行の跡はない。院内の准看護婦学校で学びながら働く飯沢めぐみが、同級生の小西京子とともに犯人探しを始めた矢先、第二の殺人が!江戸川乱歩賞『白く長い廊下』で平成医学ミステリーを切り拓いた著者が贈る長編本格推理。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

13

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください