敢えて出社せず

企業サスペンス

祥伝社文庫

江波戸哲夫

1999年2月28日

祥伝社

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「馬鹿みたい。お父さんは関係ないんだから、会社に行きなよ」三井が会社に行かなくなって四日目になる。「行くもんか。娘のお前が一日中好き勝手やっているのに、父さんだけ、しんどい仕事なんかやってられないよ」(表題作より)。登校拒否の娘に初めて立ち向かった父、派閥の長の失脚を愛人に慰められる男ーバブル崩壊がサラリーマンに真の価値観を問い質す傑作集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください