江戸の検屍官

北町同心謎解き控

祥伝社文庫

川田弥一郎

2001年12月31日

祥伝社

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

本所三笠町で若い女の死体が見つかった。死後硬直の解け具合から死後二、三日と判断された。疑わしいのは、三人。女を身請けした勘右衛門、情夫の千吉と役者の長次郎。鳩尾に殴打の痕が見つかり、その拳の大きさから千吉が下手人と疑われるが…。北町奉行定町廻り同心北沢彦太郎は医師玄海、絵師お月と共に、“死体が語る”謎を解く!時代医学推理の傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください