神々の銃弾

警視庁国際捜査班

祥伝社文庫

佐伯泰英

2006年6月30日

祥伝社

722円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「助けて!」根本警部が留守電を再生すると、十二歳の少女舞衣の悲鳴が聞こえた。川崎で起きた一家射殺事件。両親と兄を殺され、少女はそのまま失踪。その足跡を追う根本は、彼女がモデルガン店を巡り本物の拳銃を多数売りつけている事実を掴む。少女はなぜ銃を所持しているのか?家族の復讐を誓い、根本と少女が強大な権力に立ち向かう傑作サスペンス。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください