悪魔のトリル

怪奇小説

祥伝社文庫

高橋克彦

2007年2月28日

祥伝社

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

昭和四十年代まで、「衛生博覧会」という見世物があった。ビーカー詰めの奇形動物の死体、さまざまな疾病の人体模型。その特別室で、わたしはトランクに詰まったバラバラにされた少年の蝋人形を見たことがある。本物と見紛う、残酷で美しい死体。あれから二十年後、博覧会の老小屋主と再会したわたしが聞いた蝋人形の真相とは…。深い感動を呼ぶ六編の怪奇小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください