ほてり草紙

長編時代官能小説

祥伝社文庫

睦月影郎

2008年2月29日

祥伝社

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

暮れ六つどきの四谷鮫ヶ橋近く。「うわ、立っている」貧乏御家人の次男間壁光二郎は緊張した。まだ女を知らない光二郎は日々の淫気抑えがたく、夜鷹が夜な夜な徘徊する場所に来たのだ。ところが、夜鷹の顔を見て仰天。自分の師とも仰ぐ人物の奥方にそっくりだった。と、そこに破落戸たちがやって来て…。あくなき女体への探求を濃密に描く睦月時代官能へようこそ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください