龍馬の黒幕

明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン

祥伝社文庫

加治将一

2009年6月20日

祥伝社

733円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

一八六七年十二月十日夜、坂本龍馬斬殺。犯人は新撰組とも京都見廻組ともいわれている。しかし矛盾と謎が多すぎる。真犯人は誰か?浮かび上がる「龍馬の手紙」-幕臣勝海舟、英国武器商グラバーと行動を共にした龍馬が、死の直前に書いた最後の手紙に込めた「暗号」を読み解くことで、龍馬暗殺犯、さらには幕末維新の真相を暴く、驚愕の書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.53

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

35

未指定

29

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください