十津川警部「子守唄殺人事件」

長編推理小説

祥伝社文庫

西村京太郎

2009年9月30日

祥伝社

628円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

銀座クラブのママが絞殺された。現場にでんでん太鼓が遺され、口にはおしゃぶりが。続いて、東京で演歌歌手、仙台で女性評論家が殺される。この現場にもなぜかこけしや人形が…。十津川は、奇妙な遺留品が各地の子守唄を暗示することに注目。被害者たちのような自立した女性を批判する「子守唄を守る会」なる団体の存在を知る。連続殺人に隠された真相とは!?長編推理小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください