帰り船

風の市兵衛3

祥伝社文庫

辻堂魁

2010年10月20日

祥伝社

701円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

日本橋小網町の醤油酢問屋「広国屋」に風のように一人の男が現われた。“算盤侍”の唐木市兵衛である。使用人の不正を明らかにしてほしいということだったが、折しも広国屋で使う艀に直買い(密輸)の嫌疑がかかっていた。市兵衛は店を牛耳る番頭の背後にいる、古河藩の存在を知る。その側用人と番頭の企みとは?風の剣を揮う市兵衛の活躍やいかに。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.63

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

73

未指定

27

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください