幕末維新の暗号(上)

群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか

祥伝社文庫

加治将一

2011年6月30日

祥伝社

660円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

龍馬、西郷、高杉、岩倉、大久保、中岡、伊藤、桂、勝ー歴史作家・望月真司のもとに届いた一枚の古写真。中央に座る外国人の名から「フルベッキ写真」と呼ばれ、幕末の志士たちが勢ぞろいするといわれるそれは、荒唐無稽と片づけられてきた。だが仔細に検証すると、被写体と人物が次々に合致していく。この古写真はなぜ撮影され、そして歴史の彼方に葬り去られたのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.33

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

23

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください