刻まれない明日

祥伝社文庫

三崎亜記

2013年3月31日

祥伝社

754円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

十年前、三千九十五人が一瞬にして消え去った故郷に、沙弓は戻ってきた。その街では既にない図書館から本が借りられたり、廃線の路線バスの光が見えたりと、消えた彼らの存在が強く感じられるのだ。だが、その気配が徐々に薄れ始めて…。沙弓は事件の「傷」と闘いながら、残された人々もまた葛藤している姿を目にする。人々の営みが胸を打つ感動長編、待望の文庫化。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

3

未読

3

読書中

0

既読

6

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください