うそつき無用

げんなり先生発明始末2

祥伝社文庫

沖田正午

2013年4月30日

祥伝社

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「世のため人のため」に日夜発明に勤しむ平賀源成。だが、金儲けのための発明はせず、嫁の来てもおらず、と両親はやきもきするばかり。そんな中、父の旧友が娘を伴い訪ねてくる。源成は娘が気になり、発明品を贈るが、それが元でひと波乱。跋扈する盗賊も絡んで、奉行の命令で「嘘見破り器」を作る破目に!?源成が思いついた絡繰りとは!驚き溢れる傑作時代小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください