美女百景 夕立ち新九郎・ひめ唄道中

睦月 影郎

2016年10月13日

祥伝社

627円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

身内の死を機に武士を捨て、無宿人となった新九郎は、偶然出会った国定忠治に使いを頼まれ松井田から高崎へ向かっていた。だが道中、古寺に野宿する色白で愛らしい鳥追いの初音になぜか誘われる。初物だと羞じらう言葉とは裏腹な初音の大胆さに二度も絶頂を迎えた新九郎。翌日別れを惜しみつつ高崎に着くと、聞き覚えのある甘い唄声が…。美女と中山道を行く悦楽記。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください