ユダ(上)

伝説のキャバ嬢「胡桃」、掟破りの8年間

立花胡桃

2009年7月31日

祥伝社

1,320円(税込)

小説・エッセイ

高校を卒業した中田絵里香は、専門学校に通っていた。彼女はちょっと前に自分の身に起こったある事件から、「男」と「金」に復讐を誓うことになる。味気なく過ごす日々の中で、いつもは無視するスカウトについていったのも、ほんの気まぐれ。しかし初日の4時間で2万円を手にした彼女は、それまでの時給900円のアルバイトを辞めてしまう。地元の大宮で「瞳」としてキャバクラで働きはじめた彼女は、この職業を「自分の天職」だと認識し、夜の世界で生きていく決意を固める。店で出会う多種多様な男たち。運命的な出会いをきっかけに、「胡桃」と源氏名を変えた「瞳」は、大歓楽街「歌舞伎町」へ移籍。「男」と「金」への復讐心を支えに、オラオラ営業をしまくった胡桃は、歌舞伎町でもNo.1へと登りつめた。そんな彼女に魔の手が忍び寄る…。キャバ嬢にしか書けないキャバクラのリアル。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

7

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2019年03月24日

・男の欲は:性、食、酒、女 ・仕事(売上げ)のために女は男と寝る ・自分のキャラを確立させた

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください