黄金奉行(上)

長編伝奇時代小説

半村良

1991年3月1日

祥伝社

1,388円(税込)

小説・エッセイ

世に存在を知られぬ黄金奉行は、金山の不正を正すため徳川家康が設けた極秘の職である。代々その役に就く猿渡佐渡守のもとに、羽州天童で大量の辰砂が盗まれた報が届く。辰砂を焼けば金の精錬に不可欠の水銀となる。盗賊たちは金鉱の鉉を見つけたのだ。色めき立った奉行は、用人の神波半蔵らと直ちに北上、凄絶な戦いに突入した。やがて現われた天童九郎なる首魁は、奥羽復古を叫び、北の地に乱を興さんと、里占めした村で抗戦の陣を敷いた…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください