芭蕉・羽黒山の殺人

密偵行「奥の細道」

桧山良昭

1998年3月31日

祥伝社

1,870円(税込)

小説・エッセイ

涼しさやほの三日月の羽黒山-古来、守護地頭不入の地とされた羽黒山の寺で、高僧亮泉が毒殺された。元禄二年(一六八九)、「奥の細道」を行く俳聖芭蕉を迎えた句会の夜のことだ。闇を駆ける天狗の噂、亮泉を呪う人形の出現、前月に殺されたもう一人の高僧、幕府の意を受けた上野寛永寺派僧侶の暗躍…。謎が謎を呼ぶ修験の聖地で、博識の儒学者貝原益軒、隠密佐吉らとともに真相を追う芭蕉と曽良!やがて巨大な陰謀が霊峰の背後に浮上したとき、魔手が芭蕉に迫った。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください