棟居刑事の一千万人の完全犯罪

長編推理小説

森村誠一

2006年9月10日

祥伝社

1,980円(税込)

小説・エッセイ

兵藤は、過去を消し別の人間として再生させる“生かし屋”だったが、自らの過去も失っていた。ある日、兵藤は暴漢から上月エリを救い自宅に匿うが、何者かの襲撃を受けた。犯行は暴力団山ノ内組の仕業と判明、襲われた理由もエリが目撃した交通事故に関係することが判った。そんな折、エリと勘違いされて襲われ、兵藤が救った葉月ゆりの元婚約者が秩父山中で死体となって発見された。容疑者としてゆりが同居中の大杉が逮捕された。ゆりの依頼で兵藤は、大杉の無実を晴らすべく全力を傾けるが…。やがて、兵藤の失われた過去の秘密と“生かし屋”組織の闇が浮上した!棟居刑事が現代の暗部をえぐりだすシリーズ最高傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください