青嵐

長編時代小説

諸田玲子

2007年3月31日

祥伝社

1,980円(税込)

小説・エッセイ

幕末の侠客・清水次郎長の元には二人の松吉がいたー一の子分として名を馳せた森の石松こと三州の松吉と、相撲取りも顔負けの巨体で豚松と呼ばれた三保の松吉である。同じように親から疎まれ次郎長のもとに身を寄せた二人だが、石松は美男の女泣かせ、博打も喧嘩もめっぽう強い兄貴肌、かたや、豚松は女も博打も大の苦手の憎めない愛嬌者。好対照ながら、二人はお互いを認め合う仲だった。しかし、青嵐のように幕末の東海道を駆けぬける彼らの前に、苛烈な運命が待ち受けていた…。任侠の道を貫き、義理と人情に生きた最後の侠客を描く傑作時代長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください