事件でござるぞ、太郎冠者

井上尚登

2012年5月31日

祥伝社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

人気狂言師・峰村みの吉が主宰する「狂言教室」の生徒が急死した。訃報にみの吉たちが驚く中、「それって筋が通らない」と言い出したのは、新入りの生徒・松永夏十だった。無愛想な上に、ツンツン立てた髪と濃いメイク、パンクスタイルで、とても狂言に興味があると思えない夏十だが、狂言の『二人袴』をヒントに、意外な真相を探り出して…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

4

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください