ヒポクラテスの憂鬱

中山七里

2016年9月13日

祥伝社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

“コレクター(修正者)”と名乗る人物から、埼玉県警のホームページに犯行声明ともとれる謎の書き込みがあった。直後、アイドルが転落死、事故として処理されかけたとき、再び死因に疑問を呈するコレクターの書き込みが。関係者しか知りえない情報が含まれていたことから、捜査一課の刑事・古手川は浦和医大法医学教室に協力を依頼。偏屈だが世界的権威でもある老教授・光崎藤次郎と新米助教の栂野真琴は、司法解剖の末、驚愕の真実を発見する。その後もコレクターの示唆どおり、病死や自殺の中から犯罪死が発見され、県警と法医学教室は大混乱。やがて司法解剖制度自体が揺さぶられ始めるが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(21

starstarstar
star
3.87

読みたい

15

未読

6

読書中

1

既読

135

未指定

65

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

金鯱

starstarstar 3.0 2020年10月19日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください