自然的世界とキリスト教

笠井恵二

1999年4月30日

新教出版社

3,520円(税込)

人文・思想・社会

現在、この二十世紀後半の世界は、急速な科学技術の発達の反動の結果として、地球環境の破壊に病み苦しんでいる。このような状況に対して、この環境破壊の元凶はキリスト教にあるという人が少なくない。本書において著者は、果して現在の環境破壊の原因はキリスト教的世界観にあるのか否か、ということに対して答えを得るために、キリスト教の教えを「自然的世界」という観点から整理してみた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください