軍艦「甲鉄」始末 奪われた新兵器の数奇な運命

新人物文庫

中村 彰彦

2010年2月5日

KADOKAWA

838円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

新政府軍が江戸城をめざして進撃しつつあった慶応四年(一八六八)四月二日、長い太平洋の航海を終えて一隻の軍艦が横浜沖に着いた。フランスで竣工したこの軍艦は、一年前に幕府がアメリカから買い付けた最優秀艦「ストーンウォール」であった。ところが、幕府瓦解後の戊辰戦争のさなかにあって、旧幕府艦隊の旗艦「開陽丸」より強力と見られるこの軍艦に目をつけた新政府は旧幕府との間に水面下で熾烈な争奪戦をくりひろげる…。軍艦「甲鉄」の有為転変の一生を通して、維新史に新しい光を当てた雄渾の大作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください