あやし

新人物ノベルス

宮部みゆき

2012年7月31日

新人物往来社

785円(税込)

小説・エッセイ / 新書

十四歳の銀次が奉公にあがった木綿問屋「大黒屋」で、若旦那の藤一郎に縁談が起こった。話は順調にまとまって、あとは祝言の段取りを決めるばかりというころになって、藤一郎に女がいたことが露見した。女は「大黒屋」の女中・おはる。しかもおはるは藤一郎の子を身篭もっていたのだ。おはるは、藤一郎に二度と近づかないと約束させられ、店を追い出される。おはるが出ていって、しばらくして銀次は藤一郎からおはるへの届け物を頼まれる。尋ね当てたおはるの家で銀次が見たものは…。「居眠り心中」をはじめ、人間の業の深さを描いた「影牢」など9篇を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.1

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

13

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください