信長の子 覇王の血を継ぐ36人の謎

新人物文庫

『歴史読本』編集部

2012年9月7日

KADOKAWA

785円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

織田信長には確認できるだけでも二十七人の子供がいた。未確認の子供や養女を含めると、その数三十六人にも達する。本能寺の変で父に殉じた嫡男信忠、豊臣政権・徳川政権をたくみに生き抜き、明治までその血筋を残した二男信雄のほか、秀吉の後継者として将来を嘱望された四男秀勝や、関ヶ原の戦いに出陣した七男信高などー覇王信長が追い求めた天下統一へ野望を引き継いだ秀吉、家康の活躍の裏で、本来なら父の遺志を継ぐべき子供たちは何をしていたのか。知られざる彼らの人生を追う。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください