あさきゆめみし(上)

八百屋お七異聞

ジェームス三木

2013年9月30日

新日本出版社

1,320円(税込)

小説・エッセイ

ときは徳川綱吉が五代将軍に就いたばかりの頃。大火事で類焼した八百源の一人娘・お七は、店が再建されるまで大乗寺に預けられる。そこで運命的に出会ったのが寺小姓の吉三。お七はまたたく間に一途な恋にー。やがて再建された八百源に戻ったお七に、父は手代の勘蔵との縁談を勧める。お七はどうしても「うん」と言えない。心の中は吉三でいっぱいだから。そして吉三も…。お七の恋の行方は?!お馴染み「八百屋お七」は、冤罪だった!この放火事件が大胆な脚色で新たな恋物語に!NHK木曜時代劇第一弾の書き下ろし完全小説版!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください