瑠璃色の悲劇

長編本格推理「三色の悲劇」

Joy novels

吉村達也

1993年8月25日

実業之日本社

811円(税込)

小説・エッセイ / 新書

元国会議員の折笠修一郎が、東京千代田区にある国立劇場近くに新築した自宅で刺し殺された。そばには血まみれの包丁を握ったまま睡眠薬で昏睡状態となった夫人が…。種々の状況から、妻が犯人であるのは確実とみられたが、その翌日、またも奇怪な事件が。『三色の悲劇』の連環がつながったときに起きる最大の悲劇とは?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください