演じられた白い夜

近藤史恵

1998年10月31日

実業之日本社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

本格推理劇の稽古のために山奥のペンションに集まった俳優たち。ほとんどみな一面識もなく、芝居経験のないものすらいる。主催者は演出家・神内匠。台本はその日の練習分しか渡されないというが、そうすることで、自分の役の心理をしっかり追って、芝居のクオリティを高めてほしいという。とうとう台本に殺人事件が登場した翌日、被害者役の女優が首を吊った。悩みを抱えていたらしい彼女の死は自殺として片づけられたが、数日後、二番目の被害者役の人間も死体となって発見され…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

6

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください