四月になれば彼女は

川上健一

2005年7月31日

実業之日本社

1,980円(税込)

小説・エッセイ

駆け落ちの手伝い。不良グループとのケンカ。就職取り消し。セックスの誘惑。基地のアメリカ兵との死闘。そして、初恋の彼女との再会…。肩を壊して野球選手への夢をあきらめ、無為な日々をすごしていた沢木圭太が、八甲田山を望む春まだ浅い故郷の街で経験した、スリリングな二十四時間。人生の岐路に立つ若者群像をヴィヴィッドに描き出す、名手待望の自伝的長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください