微笑む人

貫井徳郎

2012年8月31日

実業之日本社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

事件はすべてのはじまりにすぎなかった。エリート銀行員はなぜ妻子を殺したか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstar
star
2.83

読みたい

6

未読

1

読書中

0

既読

87

未指定

20

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

-- 2020年01月16日

もうもうもう、この読後のもやもや感をどうしてくれようかっ! 読み手の側から見ると限りなくクロに近い容疑者なのに、なぜ彼の周りの人はみんなシロと信じきっているのか。その違和感にもぞもぞと居心地の悪さがつのる。 こんなに完全無欠のいい人がなぜこんなに理解不能な理由で殺人を犯すのか。次々と現れる語り部によってあらわになる容疑者の過去によってそれが明らかになるのか、と思いきやっ! どこにもたどり着けないもやもやを抱いたままぽつんと置き去りにされるラストは、一寸先も見えない霧の中でかすかに見えたと思った光が幻だったような心細さを残す

全部を表示

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください