花の命は短くて…

越智月子

2014年10月31日

実業之日本社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

1989年11月28日、三人はミス聖泉大学(フォンテーヌ)のステージにいたーミスフォンに輝いたのは真理恵、準ミスに選ばれたのは苑子と由美子だった。時を経て、専業主婦になった苑子と、熟女バー勤務の真理恵の嫉妬と羨望の対象は、人気雑誌「レコルト」のモデルとして活躍する由美子。三人の人生が再び交錯したとき、事件は起こるー!?もうひと花咲かせたい女たちをコミカルに描く痛快エンターテインメント。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

2

既読

4

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください