御徒の女

中島要

2017年4月30日

実業之日本社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

激動の時代をたくましく生き抜く、おたふく顔の働き者・栄津。器量よしへの嫉妬が止まぬ十七歳。口うるさい姑と幼子の世話に暮れる二十三歳。切り詰めた生活の中、家族を支える三十二歳…御徒(下級武士)の家に生まれ、貧しいながらその誇りを守る栄津の幸せとはー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2019年06月05日

江戸後期、幕末の世を生きる女性の人生を描いた作品 娘時代、嫁、母、など時の流れとともに立場が変わり環境もかわり、決して強くて美しいと言うわけではないけど とても凡庸で同じ女としてわかるわぁとか、言ってよーと感情移入しやすい物語でした 世が変わっても、自分の信念というか信じるものを定めるのが大切なんだなと思いました

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください