向日葵を手折る

彩坂 美月

2020年9月18日

実業之日本社

1,870円(税込)

小説・エッセイ

父親が突然亡くなり、山形の山あいの集落に引っ越した小学校6年生の高橋みのり。あざやかに季節がめぐる彼女の4年間と不穏な事件の行方を、繊細な筆致で描き出すー気鋭が全身全霊を込めた、烈しくも切ない成長物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.75

読みたい

14

未読

4

読書中

2

既読

6

未指定

7

書店員レビュー(2)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

最初のぞわっとした怖さからのラスト、気持ちいい。

--
13
2020年10月28日

ユウハル

書店員@

切なくて美しい物語

starstarstarstar
star
4.5
21
2020年10月12日

みんなのレビュー (1)

hiyokolazy

珠玉

starstarstarstarstar 5.0 2020年09月28日

昨夜一気読みしてまだ胸の中が落ち着かない。10代前半の体も心も急激に変化する時期の不安定な部分とミステリ的な要素。田舎の牧歌的な光景と背中合わせの閉鎖性。登場人物たちの鮮やかさ。様々な要素が重なって珠玉。 そして!主人公たちの男の子2人がタイプの違うイケメン!それだけでも嬉しい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください