気散じ北斎

車 浮代

2024年2月1日

実業之日本社

1,870円(税込)

小説・エッセイ

絵師・葛飾北斎は後妻の連れ子であるお栄(後の葛飾応為)と初めて出会ったとき、手本と寸分たがわぬ線で蛇の絵を見事に描く姿に驚く。お栄が酒癖の悪い実の父親から虐待を受けていたことを告白すると、北斎は一生をかけてお栄を守ると誓うが…合わせ鏡のような北斎とお栄の奇妙な親子関係、そして版元の蔦屋重三郎、東洲斎写楽、喜多川歌麿、渓斎英泉ら絵師との交わりのなかで、驚愕の真実が浮かび上がるー綿密な時代考証と斬新な着想で描く傑作長編!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.3

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください