女人高野万華鏡殺人事件

実業之日本社文庫

木谷恭介

2011年2月28日

実業之日本社

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

警察庁広域捜査室長の小清水峡子が伊豆高原に住む万華鏡作家のアトリエを訪ねた夜、そこからある仏像が盗まれた。女人高野として知られる奈良県の室生寺にある十二神将のひとつ伐折羅に似た古い仏像で、内部へ万華鏡が組み込まれた独特なものだった。数日後、その仏像を盗んだと思われる男が生駒山の暗峠で死体となって発見された。事件は、男の死により急展開し…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください