モップの魔女は呪文を知ってる

実業之日本社文庫

近藤史恵

2011年12月31日

実業之日本社

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

清掃作業員・キリコが日常の謎をクリーンにする本格ミステリー「女清掃人探偵」シリーズ、実業之日本社文庫初登場!小児病棟に入院している子どもたちのあいだで「病棟に魔女がいる」との噂が立ち、新人看護師・さやかがその正体をつきとめようと奔走するが…。深夜のオフィスで、スポーツクラブで、猫のブリーダー宅で、キリコが謎をあざやかに解決。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.3

読みたい

6

未読

4

読書中

0

既読

24

未指定

30

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2018年01月24日

掃除婦といえば、おばちゃんが相場ですよね。キリコは既婚ではあるが、夫人あるいは婦人と呼ぶには憚れるほどです。むしろ女の子といった方がピッタリします。戸籍上の年齢は22歳ですが、見た目はそれよりずっと若く見えます。キュートな少女のような見かけにも関わらず、物知りで職場で起こる事件を推理して解決に導くのです。清掃員という裏方の仕事をしながら、名探偵のように事件を解決します。事件と言っても、人が殺されることはありません。ちょっとした事なんですが、謎に満ちているんです。ですから、キリコの行動と事件解決の顛末は、アッタカイ空気を生み出します。 さて、本書には4つの短い物語が収録されています。それぞれの登場人物の口からお話しが物語れます。第一話の語り手はスポーツクラブのスタッフ殿内亨です。亨とキリコの出会いは深夜のプールです。チョットばかり衝撃的な出会いでした。このスポーツクラブで持ち上がった事件とは、会員がプールの中で火傷を負ったというものです。誰が何のために、またどのような方法で。キリコの推理が冴えを見せます。さらに亨に幸せが訪れるというオマケまでつきます。 第2話は地方出身の孤独な女子大生が希少種の猫に一目惚れします。ところが、この猫には22万円の値が付いています。どうしても手に入れたいと思った鶴田奈津は、3つのバイトをかけもちします。そのうちの一つが早朝のビル清掃です。食費まで削って必死に貯金する奈津はある日、貧血に。親切に手伝ってくれた上にお弁当までくれたのがキリコでした。念願叶って手に入れたい猫がある日入れ替わっていたのでした。誰が何のためにした事なのでしょうか。 第3話は本格的ミステリーの雰囲気が漂います。小児病棟に配属された新人看護師・只野さやかが患者である子供達に翻弄されながらも成長していく姿が描かれます。さやかとキリコの出会いは、深夜、無人の病院内リハビリセンターです。キリコはなんと魔女として登場します。お話しの中心は代理ミュンヒハウゼン症候群です。これは母親が子供を病気に仕立て上げるものですが、実はどんでん返しが待っていて、とんでもない結末が待っています。その時、活躍するのがキリコです。 人が殺されることはありません、と書きましたが、第4話では殺人事件が起きました。でも犯人は最初から分かっています。アクセサリー通販会社社長の美穂は妹の果穂に罵られて逆上のあまり殺してしまったのです。美穂は事件の隠蔽を工作します。その時出会ったのがオフィスの清掃にきたキリコです。美穂の言動に不審さを感じたキリコは死体を見つけてしまいます。しかし、そこで騒ぎ立てないところがキリコのキリコたる所以です。普通はショックを受けて傷付くものですが、キリコは魔女でしかも呪文を知っているから大丈夫なのです。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください