龍馬の生きざま

実業之日本社文庫

阿井景子 / 安部龍太郎

2017年2月28日

実業之日本社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

1867年、京の近江屋で暗殺された龍馬。尊皇攘夷の嵐が吹き荒れる幕末、いち早く海外貿易の重要性を指摘し、私設海軍にして貿易会社の海援隊を組織するなど、その先見性と行動力は評価され、今も人気を誇る。妻・お龍、姉・乙女、暗殺犯・今井信郎、人斬り以蔵らが見た、真実の姿とは。龍馬の生涯に新たな光を当てた、豪華作家陣が描く傑作歴史・時代作品集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

18

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください