あまりに残酷な拷問の世界

愛と狂気の物語

川端博(刑法学)

1999年12月31日

青春出版社

1,650円(税込)

人文・思想・社会

拷問や処刑にまつわる歴史的資料を研究し考察しながら、そこに関わった人々、あるいは、その心のドラマに思いを馳せることは、ひとつの知的興奮である。どんな拷問器具を見ていても、それによって拷問を受けた人間の恐怖と苦痛がよみがえり、執行する人間の複雑な心境、それを眺めている人々のなまなましい興奮が浮かんでくる。それもまた歴史の真実であり、人間の真理である。本書では、その歴史的資料や文献をもとに、当時の残酷な光景を物語の形で再現した。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください