ゴブリンに転生したので、畑作することにした

富哉とみあ

2015年2月28日

アルファポリス

1,320円(税込)

小説・エッセイ

目覚めると、ゴブリンに転生していた元人間の俺。脳筋なゴブリンたちとのー仲間を平気で殴り殺したり、謎の幼虫を大喜びで食べたりするー集団生活に戸惑いつつも、前世の知識を生かして何とかサバイバルしていたんだ。でもそんなある日、事件は起きた。父ゴブリンたちが人間の娘を攫ってきてしまったのだ。父さま、さすがにそれはマズくないですか…。当然、人間たちは大激怒。やがて俺たちの集落は襲撃され、壊滅状態に追い込まれてしまう。仲間の子供ゴブリンたちとからくも生き延びた俺は、別の住処へ避難し、そこに新たな村を作ることを決意する。あまり目立ちたくないんだけど、こうなったらこれまで使う機会のなかった転生チートを駆使するしかない!畑作スキルに料理スキルー前世でやりこんだ某ゲームのチート能力をフル活用し、のんびり快適なゴブリン生活を手に入れてやる!…って、あれ?俺の料理食べたゴブリンたち、なんか賢くなってない…?第7回アルファポリスファンタジー小説大賞優秀賞作品!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください