人生の9割は出逢いで決まる

千田琢哉

2015年8月31日

リベラル社

1,430円(税込)

人文・思想・社会 / 美容・暮らし・健康・料理

出逢いを探すな。出逢いは活かせ。思うままに生きるための46の方法。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.2

読みたい

3

未読

1

読書中

1

既読

5

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ka---

(無題)

starstarstarstar
star
4.2 2020年05月03日

・一方的に嫌ってくる相手に、好かれようとする必要はない。そういう相手は勝手に落ちぶれると100%決まっている。 ・権利を主張するのはいつだって弱者がする。強者はその主張をうんうんと受け止める側。 ・たまたまの出逢いを奇跡にするには、もくもくと勉強しておくしかない。むしろ、たった1つの奇跡の出逢いのために、勉強しておくのだ。 ・1度会ったことがあるとは、自分には魅力がないと言っているのと同じ。2度目も会ってもらえるように、工夫を凝らして魅力的な人間になろう。 ・下々の言葉を使うのをやめよう。下々の言葉とは、マジ、超〜、ヤバイ。 ・ありがとうございましたに加えて、楽しかったですと言おう。 ・運命の人と出会う確率は1%。しかし、残り99%は無駄ではない。運命の1%のために、99%の人達から学ぶのだ。別れや絶縁は、運命の1%の人に出会う準備だと思えばいい。 ・迷ったら買わないを徹底すると、全てにおいてスッキリできる。貧乏人ほど、迷ったらとりあえず買ってしまう。 ・物を買うときや家を決めるときは、お気に入り、好みの店員から買う。そういう人と仲良くなり、裏情報等を聞く。 ・安くて良いものを探すのは、徒労に終わる。高いからといって、良いものとは限らないが、高いものの中に良いものがある。 ・高価な物を買うときは、詳しい知人に話しを聞く。いなければお金を払ってでもプロにお願いする。そうすれば、店員にぞんざいな扱いをされることもなく、本当に良いものを適正な価格で手にできる。お礼として交通費はもちろん、きちんとしたホテルでご馳走すること。 ・誇りを持って仕事をしていると、誇りのない仕事をする人に対して嫌悪感を抱くようになる。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください