効率厨魔導師、第二の人生で魔導を極める(4)

謙虚なサークル

2016年3月31日

アルファポリス

1,320円(税込)

小説・エッセイ

ワシは魔導師ゼフ=アインシュタイン。才能限界値の最も低い魔導の修業に生涯を費やしたことを後悔したワシは、効率的に魔導を極め直すため、記憶を維持したまま少年時代に戻った。港町イズに辿り着いたワシとギルドの仲間達は、教会で孤児達の世話をする少女シルシュと出会い、町長の子供が難病に侵されていると聞く。ワシは前世の記憶によりその治療法を知っている。森に生えている薬草を煎じて呑ませればいいのだ。しかしその翌日、それを知ったシルシュが一人で魔物の棲む森に入ったことが発覚。ワシらは急いでシルシュを探しに向かうが、厄介なことに、森の主ギガントエイプがあらわれた。ちっ。やるしかあるまい!ワシらとの戦いでギガントエイプが凶暴さを増す中、不意にシルシュが姿をあらわすーまずい!その直後、シルシュは奴の豪腕の餌食になった。あの攻撃を食らったとなると…くそっ!しかし呆けている時間はない。奴を倒し、ここを切り抜けねばー!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

8

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください