異世界転生騒動記(8)

高見梁川

2016年8月31日

アルファポリス

1,320円(税込)

ライトノベル

異世界マウリシア王国に生まれた貴族の少年、バルド・コルネリアス。なんとその身体の中には、バルドとしての自我に加え、守銭奴戦国武将・岡左内と、ケモ耳大好きなオタク高校生・岡雅晴の魂が共存していたー。バルドが獣人族の血を引き、さらにトリストヴィー平定を目指すと宣言したことで、各勢力の動きは急変した。トリストヴィー公国は港湾都市マルベリーへの侵攻を開始し、バルドはそれに対抗すべく、自ら艦隊を率いてマルマラ海を南下する。しかし公国側には、大陸一の強国アンサラー王国から貸与された、超巨大戦艦「ギガンテ」という切り札が存在していた…。南洋の覇権を懸け、艦隊同士の一大決戦が勃発する!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

10

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください