ルーントルーパーズ(10)

自衛隊漂流戦記

浜松春日

2017年12月31日

アルファポリス

1,320円(税込)

小説・エッセイ

フィルボルグ帝国の皇帝を討つため、異世界混成部隊は、最強戦闘ヘリの援護を受けながら帝都中枢で決死の潜入作戦を展開していた。そんな折、難攻不落の皇城の門を打ち破らんと、ついにイージス艦“いぶき”に残された最後のトマホークが発射された。その弾丸は狙い違わず城門に命中。鉄壁の守りを突破した久世啓幸率いる精鋭達が、次々と城内へ雪崩れ込んでいく。一進一退の攻防の末、帝国が誇る強敵・階位将軍達との戦いに、からくも勝利を得た彼らは、ようやく皇帝が座する玉座の間に辿り着いた。一方その頃、帝国から遙か北の海上に、突如として謎の島が浮上する。だがそこに、世界を破滅に導く“最凶兵器”が隠匿されていることを知る者は、誰もいないのだったー。自衛隊全兵力投入!熱核爆弾で異世界消滅の危機!?最終決戦は泥沼の大混戦へ!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください