共生主義

日本人の資産を15年で3倍にする新しい資本主義

柳瀬公孝

2022年2月17日

白秋社

1,870円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 美容・暮らし・健康・料理

ポスト資本主義、それは「共生(ともいき)主義」による経済。生活者全員が裕福になる、すなわち社会そのものが豊かになる、新たな価値観に基づくものだ。実際、2007年からスタートした「共生主義」に基づく不動産証券化ビジネス「みんなで大家さん」では、これまでの15年間、平均で7%以上の年利を稼ぎ出している。ここに1口100万円で投資し、そのあとずっと新商品に引き継いでいけば、元金は15年で約276万円、すなわち約3倍に増えたことになる。これは低金利に苦しむ年金生活者の暮らしを改善するために開発したビジネスモデルだが、投資額も大きくないので、幅広い層の人たちが参加し、互いに幸せになれる。これこそが、著者が目指す「共生主義」なのである。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください