宗教の役割とはなにか

創価学会学術部セミナ-集

高村忠成

1998年10月31日

第三文明社

946円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

宗教というものは、ひとつの側面からすれば、混迷する現象の中にあって、何が問題であり、どうすれば良いかをさし示してくれる知的枠組みである。そこに宗教の役割がある。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください