統計学が最強の学問である

データ社会を生き抜くための武器と教養

西内啓

2013年1月31日

ダイヤモンド社

1,760円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 科学・技術

あえて断言しよう。あらゆる学問のなかで統計学が最強の学問であると。どんな権威やロジックも吹き飛ばして正解を導き出す統計学の影響は、現代社会で強まる一方である。「ビッグデータ」などの言葉が流行ることもそうした状況の現れだが、はたしてどれだけの人が、その本当の魅力とパワフルさを知っているだろうか。本書では、最新の事例と研究結果をもとに、今までにない切り口から統計学の世界を案内する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(63

starstarstar
star
3.7

読みたい

89

未読

81

読書中

77

既読

355

未指定

607

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (6)

たきひろ

(無題)

starstarstarstar 4.0 2023年07月26日

有名な統計の種類とどういうときにその統計を使うかという考え方を説明し、部分で歴史の中でどう統計が使われてきたかを挟んで解説。読み物としてだけでなくしっかりと統計とどう向き合うかを考えた本。

全部を表示

たきひろ

(無題)

starstarstarstar 4.0 2022年10月29日

有名な統計の種類とどういうときにその統計を使うかという考え方を説明し、部分で歴史の中でどう統計が使われてきたかを挟んで解説。読み物としてだけでなくしっかりと統計とどう向き合うかを考えた本。

全部を表示

Readeeユーザー

統計リテラシー

starstarstarstar
star
4.2 2022年09月01日

現代では理論系ではない実証実験を行うとき統計学がベースになってるのでまあありとあらゆる理論について大体そうだなみたいな話。 とは言ってもなんでも実験してみればいいというわけでもなく倫理的だったり心理的な壁があるというのは面白い観点だった。 あんまり統計の数学的/理論的な部分はなくて、どう役に立つかとかこれはおかしいよとかの実務ベースの話が多めだった。まあそらそうか

全部を表示

Readeeユーザー

めも

starstarstarstar 4.0 2022年08月15日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Readeeユーザー

(無題)

starstar 2.0 2020年04月20日

最近盛り上がっている統計学ブームのきっかけ、もしくはそれに乗って売れている本である。統計学の重要性が記されているが、統計学自体が勉強できるわけではない。そのタイトルが表すとおり、統計学が社会問題、経営問題にかなり寄与することが主張されているが、どうも偏った考えの印象を受けるし、上から目線である部分が悪印象。保存しておきたい本ではない。

全部を表示

pandax

難しいけどわかりやすい

starstarstarstar 4.0 2018年08月20日

数字は算数から苦手だけど、この本は、数字の手前にちゃんと言葉の説明があってわかりやすかった。とはいえ難しくて一回読んだだけでは理解できないんだけど。もうちょっと勉強してみたいような気になった。 ただ、まぁ、ちょいちょい口が悪い。数字嫌いとしては、それすらも息抜き的に楽しかったけど。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください