朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」

睡眠専門医が教えるショートスリーパー入門

坪田 聡

2016年12月9日

ダイヤモンド社

1,540円(税込)

美容・暮らし・健康・料理

睡眠専門医が教えるショートスリーパー入門。朝食、ランニング、仕事、勉強…余裕のある毎日を手に入れられる!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(12

starstarstar
star
3.42

読みたい

20

未読

5

読書中

1

既読

40

未指定

42

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstar
star
2.5 2020年12月11日

新しい発見はほとんどなし。 ショートスリーパーになる方法は最後少ししか参考にならない。 ただ、ホリデーナップという90分の仮眠は初耳だったので、30分以上昼寝も90分までならOKというのは収穫だった。

全部を表示

ka---

(無題)

starstarstar
star
3.9 2020年09月11日

・布団の上では寝ること以外しない。必要ない物は持ち込まない。また、寝るとき以外は布団を見ない。 ・入眠を促す香り。1.ラベンダー 2.セドロール(ヒノキ科、スギ科) 3.コーヒー(グアテマラ、ブルーマウンテン) 4.タマネギ(多量だと逆効果) ・寝る前の習慣(スリープ・セレモニー)を決める。 ・起きる時間を意識するだけで、起きられるようになる。起きたい時間に合わせ、枕を叩くと脳の中枢に意識が働き、その時間に起きようと体が覚える。 ・二度寝はコルチゾールとエンドルフィンの分泌を促すので、ストレス解消に効果的。しかし、二度寝は5分までで1度のみとする。10分以上眠ると、それは二度寝ではなく深い眠り。 ・ノンレム睡眠→脳の休息時間。ストレスの除去、ホルモンの分泌。細胞のメンテナンス。レム睡眠→体の睡眠。記憶の固定化と筋肉の疲労回復。ノンレム睡眠時に起きると寝足りない感じがする。 ・グリシン、トリプトファン、GABAは睡眠にいいサプリメント。 ・エアコンはつけっぱなしがいい。夏場は決定温度を26℃。冬場は室温を16〜19℃に保つ。また湿度は50%前後がベスト。 ・寝る2〜4時間前は寝てはいけない。 ・人間は本来、多相睡眠(1日の睡眠を何度かに分けて取る方法)する生き物。短くてもいいが、できるなら15時までに20分寝る。横にはならず座って仮眠する。寝る前にカフェインを摂取しておくと寝覚めがいい。 ・休日はホリデーナップ(90分以内の睡眠)を取ろう。ランチを早めに食べ、13時から15時の間に取る。合計90分以内なら10分を何回かというようにこまめに取ってもよい。ホリデーナップは座ってではなく、横になって行う。 ・仮眠中はゆっくり休めていると意識することが大切。そして、プラス思考になろう。 ・早起きしてなにをしたいのか目的、目標を決めよう。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください