プロフェッショナルの条件

いかに成果をあげ、成長するか

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー / 上田惇生

2000年6月30日

ダイヤモンド社

1,980円(税込)

ビジネス・経済・就職

どうすれば一流の仕事ができるか?自分の能力を見極め、伸ばすための簡単な方法がある。ドラッカーが自らの体験をもとに教える知的生産性向上の秘訣。はじめて読むドラッカー自己実現編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(17

starstarstarstar
star
4.22

読みたい

54

未読

111

読書中

18

既読

103

未指定

318

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

目標設定、真摯な仕事観、継続学習、PDCA、エッセンシャル思考、責任が人を成長させる

starstarstarstar
star
4.1 2020年09月26日

肉体労働者の生産性向上はいかに行うか 知識労働者は何が目的かを明確にすること 知識労働者の生産性を上げるには何が目的か、仕事を定義し直す事。特に行う必要のない仕事を辞める事が大切 組織は成果を要求されながら成果を出すのが極めて困難な現状にある。なぜならば 1時間は全て他人に取られる 2日常業務に追われ続ける 3組織で働いている 4内なる世界にいるから 成果を上げるためには貢献を重視すること ドラッカーが学んだ7つのこと 1目的とビジョンをもって行動する 2神々が見ている  3一つのことに集中する 4定期的に検証と反省を行う 5新しい仕事が要求するものを考える 6期待する結果を書き留めておく 7何によって知られたいか 成果を上げる6つの方法 ①ビジョンを持つこと→目標設定 ②神々が見ているという仕事観、仕事における真摯さを重視する。つまり、誇りを持ち完璧を求める。→プロフェッショナル仕事の流儀 ③日常の中に継続学習を組み込んでいる事→ルーティン ④自らの仕事評価を仕事の中に組み込んでいる→個人事業 ⑤期待を予め記録し、結果と比較している→仮説思考 ⑥新しい仕事が要求することを徹底的に考える→エッセンシャル思考 まとまった時間を必要とし、細切れでは全く意味がない。つまり成果を出すには時間をまとめる事 コミュニケーションを成立させるには経験の共有が不可欠だと言うことである。 リーダーシップ基礎は組織の使命を考え抜き、目に見える形で明確に定義し、確立すること。 つまり、リーダーとは目標を定め、優先順位を決め、基準を定め、それを維持する者 イノベーション7つの機会 予期せぬこと ギャップ ニーズ 構造変化 人口変化 認識変化 新知識獲得 成功するイノベーションの条件 1、集中する 2.強みを基盤とする 3.社会変革 成功の鍵は地位ではなく責任である 責任あるということは真剣に仕事に取組むことである、成長の必要性を認識する

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください