細菌no.731

だいわ文庫

霧村悠康

2009年3月31日

大和書房

817円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ホームレスが連続して死亡した。自然死として処理された遺体から、孤高の医師・古都波は血中リンパ球の異常を見つける。同じ頃、遠くアメリカでは数十年間変異を続ける未知の細菌が研究されていた。隠蔽された戦争の闇、「人体実験」…。ホームレスの死はパンデミック(爆発的感染)への引き金となるのかー。黒い欲望の恐怖を描く、驚愕の医療ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

12

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください