言葉通りすぎる男深読みしすぎる女

堀田秀吾

2018年4月30日

大和書房

1,540円(税込)

人文・思想・社会

「説明して」→男は理解したい、女は謝ってほしい。「何が言いたいの?」→男は困っている、女は怒っている。「怒らないから言って」→男は怒らない、女は言わないともっと怒る。最新のエビデンスを研究した言語学博士が教える異性とのコミュニケーションが楽しくなる方法。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

2

未読

1

読書中

0

既読

4

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2020年10月11日

木を見る男、森を見る女。のテーマで、具体例と扱うポイントをまとめた本。各章の解説自体はわかりやすかったけど、各章のまとめに「男は(女に)こう言う、女は(男に)こう言う」と大文字で書かれているのが、対異性に対してという前提が頭に入りづらく私にはわかりにくかった。男女がわかり合うためのポイントだからかもしれないけど。行動する側の性別でなく、「男に対してはこう振る舞う、女に対してはこう振る舞う」という相手の性別に対してまとめてくれた方がわかりやすかったと思う。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください