東京からきたナグネ

韓国的80年代誌

ちくま文庫

関川夏央

1988年8月1日

筑摩書房

437円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

わたしはビニールの椅子の上で硬直し、涙をこらえていた。ニンニクとトウガラシミソを、不用意に口のなかに入れたのだ。生きていること自体がつらくなるような辛さだった。-ソウルの雑踏から釜山の市場へ、さらにのどかな東海岸へ。激動の中で、大衆化社会への大きな文化的変転を経験しつつある韓国社会、その日常と現実、人々の希望と絶望を清新な目で切りとったノンフィクション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください